• Today's word
    ‘イメトレ’の大事さは今では普通になったけれど女性たちは昔から装いやメイクやヘアで美のイメージを具現化している
    by藤原美智子
    2018.05.28
  • Today's word
    明らかに単なるいやみを言われたら「しょうがないわね〜」と上から目線で思うと同じ土俵に上がらずに済む
    by藤原美智子
    2018.05.27
  • Today's word
    手間をかけたり丁寧に扱ったりするほど愛情って湧いてくるし、深くなるのよね。庭の花もインテリアも服も人も動物も
    by藤原美智子
    2018.05.26
  • Today's word
    体も顔もコリを溜めない。すると無駄な肉がつかないし肌に透明感もでるし、気持ちも軽やかになる。これが私の美の基本のキ
    by藤原美智子
    2018.05.25
  • Today's word
    目標を見定めていれば目の前のことに一喜一憂しなくなるし、目標は早く実現する。それを知っているだけでも違いは出る!
    by藤原美智子
    2018.05.24
  • Today's word
    30代の頃、物事の解決のためにしていたのは5枚のA4の紙に本音が出てくるまで気持ちを書き出す方法。今はマインドマップでね
    by藤原美智子
    2018.05.23
  • Today's word
    アシスタントにいつも言う「手の力を抜けるようになるほど、透明感も品もあるメイクになる」。これは大・大真実なの。
    by藤原美智子
    2018.05.22
  • Today's word
    休日が楽しければ楽しいほどブルーマンデーに陥ることって、ありますよね。でも、しょうがない。違うことに気持ちを向けましょ!
    by藤原美智子
    2018.05.21
  • Today's word
    おうちごはんの写真を撮る時、器やお箸やカトラリーの向きをちょっと意識するだけでも、写真も美味しさもグンとアップして写るの
    by藤原美智子
    2018.05.20
  • Today's word
    私は隙間時間で家事を片付ける派。‘チリも積もれば’の逆、 ‘チリも減らせば’流。すると、あら不思議。チリがない・・・!
    by藤原美智子
    2018.05.19
  • Today's word
    最初は誰でもセンスもメイクも仕事も模倣することから始まると思うけれど、そこを通り過ぎた先にこそ美や個性が待っているのよね
    by藤原美智子
    2018.05.18
  • Today's word
    できるならファンデーションは塗りたくないし、眉を描くのも面倒。だからスキンケアも眉毛ケアも頑張る。これが私の美容の原動力
    by藤原美智子
    2018.05.17
  • Today's word
    自分の感情を大事にしたほうが良い時と、無視したほうが良い時がある。だから感情を手なずけられるのが一番楽チン
    by藤原美智子
    2018.05.16
  • Today's word
    顔写真を撮ってもらうときは、焦点を合わさずにレンズの向こうを視る。すると表情に内面ニュアンスが宿る
    by藤原美智子
    2018.05.15
  • Today's word
    思い方しだいで現実は変わる」というのは、ある意味、真実。だったら楽しくなるほうが良いし、笑えるほうが良い!
    by藤原美智子
    2018.05.14
  • Today's word
    身近すぎて空気のような存在になっている家族やペット。つい忘れがちだけど、「もし・・・」と想像すると感謝も愛情も蘇る
    by藤原美智子
    2018.05.13
  • Today's word
    家事も仕事も雑務も、溜めてしまうと、やりたくなくなる。、さらに溜まると、もっとやりたくなくなる。だからサッサッと片付ける
    by藤原美智子
    2018.05.12
  • Today's word
    20代の頃、いつもワクワクしていたのは‘人生で初めて’のことが、多かったから。大人は創意工夫で、自分でワクワクを作るのが鉄則
    by藤原美智子
    2018.05.11
  • Today's word
    お洒落のセンスは持って生まれたものではなく磨くもの。でも、そのための道具、全身鏡がなければ磨きようがない
    by藤原美智子
    2018.05.10
  • Today's word
    前向きなことを思ったり、口にしたりするのは‘誰かのために’の前に、先ずは自分のために。自分の心と耳が聞いているものね
    by藤原美智子
    2018.05.09