今まで「このほうがいいかな」「これをしてみようかな」と思って、考え方を改めたり行動をしてきたりしてきたことが実は、「自分の細胞のためにも良いことだったんだ!」と確信を得ることができたのが「テロメア・エフェクト」(NHK出版)という本。これはノーベル賞を受賞した医学生物学者エリザベス・ブラックバーン博士と健康心理学者エリッサ・エペル氏の共著で、人間の染色体の端にあるテロメアについて書かれたもの。

『若さの鍵はテロメア』

テロメアは健康や老化に深く関わっている化学物質で、細胞分裂を繰り返すたびに、そして年を重ねるたびに短くなっていき老化が進んでいくと考えられていました。
たとえば肌は細胞分裂を活発に繰り返して新しい細胞が作られるからこそ、表皮が入れ替わり若々しい肌でいられる。でも年を重ねるとテロメアが短くなっていき新しい細胞ができなくなるので、肌は老化していくということです。
でも両氏の研究の結果、テロメナーゼという酵素を増やしてテロメアを伸ばすと細胞から若返るということが証明されたのです(!)。たとえ一時、テロメアが短くなって顔の印象が老けてしまったとしても、生活習慣や考え方を改めるとテロメナーゼが増えてテロメアが伸びるので、若々しさは蘇るということです。


『テロメアを伸ばす方法』

さて、どんなことをするとテロメアが伸びて若々しくなるかと言うと、
・    ストレスを感じた時、前向きに反応をする
・    瞑想や気功をする
・    適度な運動をする
・    規則正しい食事や睡眠をとる
・    精製された食品は摂らない(白いパンや白米、パスタ、砂糖など)
・    抗炎症効果のある野菜や果物。あるいはナッツ、魚、亜麻仁油などのオメガ3脂肪酸を含んでいるものを摂る。
・    加工肉を摂らない
・    タバコやアルコールは控える
・    周囲の人たちと社会的な繋がりを持つ

こうしたことが良いのは今では一般的に知られていることですが、意外だったのは、
「自分が今、していることに集中する」ということ。
これは瞑想をする時にも必要なこと(感覚や呼吸に集中するなど)なのですが、体の内部や外部に意識を集中することは細胞にとってとても有益であり、テロメアの回復に効果があることは証明されているそうなんです。
同じ年齢で同じような環境にいても若々しく見える人もいるし、そうでない人もいるのは、こうした違いがテロメアに影響して外見に表れているということです。

『美と健康の敵、ストレスと「若くなりたい」の対処法』

それにしてもテロメアに一番良くないのはストレスのよう。でも、それは人と関わりを持って生きている限り避けられないことですよね。だからストレスに対する思い方や考え方を工夫したりして、適応能力を鍛えること。またストレスを排除するのではなく、チャレンジ反応で打ち返せるようになることが大事だと、この本には書かれています。
私はこの本を読んで、ストレスを受けている間中、テロメアは短くなっていくということを知ってから、イラッとした時には「自分のテロメアが短くなるから、イライラするのはやめよー、っと」を思うことにしました。

そして、もう一つ。とても共感したことがあります。それは、
‘「自分はまだ若い」と感じている人は生活の充実度や成長しているという実感、社会的な結びつきに関連している。しかし、若いと感じることと、もっと若くなりたいと願うことは別だ。そのような人は大体が不幸で現実の生活に満ち足りていない。ありのままの自分を受け入れつつ、精神的・肉体的な健康を保つように努力することだ’(本から一部抜粋)

これは私も常々、感じていたこと。‘その結果、若く見えるようになった’と、‘若くなるために○○をする!’というのは、例え同じことをしているとしても、その過程の精神状態が違うので効果も違うのではないか、と。
そして「美は美だけにあらず。全てから出来上がる」というのが私の考え方であり、MICHIKO.LIFEの理念。例えば、ウキウキ・ワクワクとしながら洋服のコーディネートを考える、食べる、運動をする、部屋を整える、仕事をする、人と交わる…etc。そのような気持ちと行動でするからこそ良い結果として、その人の外見に表れてくる。
だから生活全般から良い結果として表れるような美や健康、考え方を目指すことが大事だし、それら全てが人の根本に作用する美容法となる。そして根本から美や健康を目指すと、真の幸せにもつながる・・・。だからこそ根本美容は大事である。そんな風に考えています。

もちろん、いつもいつもウキウキもワクワクもできることではなく、面倒臭く感じる日もあるし、イライラする時もある。時には投げ出したい時もある。そんな時は無理をしないで、でも、そんな自分をなるべく客観的に見るように努力して受け入れる。
そして、そうした精神状態が長く続くと自分自身が不幸を感じるようになっていくだけでなく、実際にテロメアも短くなっていき健康も若さも損なわれていく・・・。そんな風に想像すると、どうでしょう?思考をパッと切り替えたくなりませんか?

『「テロメア」と「根本美容」の関係性』

このように私が細胞老化とテロメアの関係を知って良かったと思ったのは、細胞レベル(ブルゾンちえみさんの台詞のようですが 笑)から「私のテロメアが縮んでしまう!可愛そう!」と意識を変えられるようになったこと。
そして自分の体験と感覚から「若々しさも健康も幸せ度もつながっている」と考えていた‘根本美容論’と、テロメアを伸ばすために大事なことは同じだったこと。つまり科学的にも証明されている考え方だったんだと確信できたことです。皆さんも自分のテロメアと根本美容について一度、考えてみて。そして、それぞれ自分が幸せになれる根本美容を目指しましょっ!